金属材料は広く使用される!身近で使われているものを紹介

SITEMAP

金属材料は広く使用される!身近で使われているものを紹介

日本硬貨に使用されている金属材料について

沢山の釘

私たちの身近な金属材料が使用されているものの一つに硬貨が挙げられます。様々な金属材料が使用されており、それぞれの日本硬貨にはどのような金属材料が使われているかと、どのような特徴を持っているかを紹介します。

一円硬貨・アルミニウム
アルミニウムは軽く加工しやすいのが特徴です。アルミホイルやアルミ缶にも使用されています。

五円硬貨・黄銅
黄銅は強度と延性に優れているため、加工のしやすいのが特徴です。金管楽器などにも使用されています。

十円硬貨・青銅
青銅は光沢のある金属であり、成分の割合によって見た目の色が変化するのが特徴です。奈良の大仏も青銅で作られています。

五十円硬貨及び百円硬貨・白銅
白銅は錆に強く、酸や海水につけても腐りにくい特徴を持っています。五十円硬貨と百円硬貨を区別するために大きさを変え、真中に穴をあけるなどの工夫がされています。海水への耐食性の高さから船などの部品で使用されています。

五百円硬貨・ニッケル黄銅
ニッケル黄銅は導電性が高いという特徴があります。そのためコンセントなどの部品で使用されています。

硬貨の金属材料もそれおれ特徴を持っており、すべてに共通して言えることは錆びづらい特徴を持っていることです。それによって長期間硬貨を使用することができるようにしています。

Update Contents

TOP